アロマトリートメントについて

①アロマテラピーとは?

 

アロマは「芳香」、テラピーは「療法」という意味。

植物の力を借りる自然療法です。

 

植物の芳香成分には、抗炎症作用、殺菌作用など様々な効能があり、良い香りだけでなく体への作用も期待できます。

 

精油の成分が体へ入るルートは三つ。

●鼻から脳へ
香りを嗅いだ時です。空気中に飛んだ精油の成分が鼻の奥でキャッチされ、その情報が電気信号に変えられ大脳に伝わります。そこから感情や欲求、自律神経に関係する部分に伝わり心身に影響を及ぼします。

●肺から血液へ
アロマバスなどで吸入する場合などがこのルートです。肺に入った成分が肺胞から血液に入り全身に巡り影響を及ぼします。最終的には尿や汗で体外に排出されます。

●皮膚から血液・リンパへ
アロマトリートメントなどではお肌から精油が入ります。精油の分子はとても小さいため表皮なども通過し、血液に入り影響を及ぼします。


②アロマトリートメントとは?
ホホバオイルなどの植物油に精油を入れ希釈し、精油の成分を皮膚へ与えながら、心地よい圧でお疲れを和らげていきます。